• 2世帯住宅作りのポイント
  • 2世帯住宅作りの事例紹介
  • ご提案の流れ
  • こだわり
  • 作品集
  • よくあるご質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ
  • スタッフブログ

ご相談から設計、アフターフォローの流れ

FLOW ご提案の流れ

  • HOME
  • ご提案の流れ

ご相談から設計、アフターフォローの流れをご案内いたします。

01 ご相談(無料)

まずは、お電話またはメールにて、ご相談ください。
お打ち合わせの際は、事務所(二世帯住宅モデル)にお越しいただくことも、ご希望に合わせてご指定の場所に伺うことも可能です。
今後の施工に向けた、双方の出会いの場です。フィーリング・価値観が合うかどうかご判断ください。

正式にご依頼いただきましたら、より具体的に建主様が建物に求める要望・価値観を確認します。
基本構想に必要な資料(謄本、敷地測量図、地盤調査資料等)を収集し、必要に応じご相談に乗りアドバイスをします。

02 基本構想(無料)

現地調査・行政調査(基本的な法規チェック)を行います。
敷地条件・ご要望・ご予算などを配慮してから、スケッチ(設計素案)を作成し、ご提案・お打ち合わせをします。
何度かこの作業を繰り返し、建主様の考えられている具体的な内容(人生観・価値観・イメージ・ご予算等)から
プライベートな部分までを理解し、お互いの信頼感を深めながら納得のゆくプランを創っていきます。

03 設計監理契約

基本構想で納得のいくプランが決定した時点で、契約金額及び支払い条件等のお打ち合わせをし、設計監理契約を締結します。

04 基本設計

基本構想をもとに、構造の検討・平面図・立面図・断面図を作成し、仕上げ・面積等を決めます。平行して行政への事前協議・申請書類の作成をします。
引き続き建主様と、外観・仕上げ・設備等のお打ち合わせを進めます。

※この時点で、土地の測量図が必要とすることになりますので、無い場合は土地測量・地盤調査の依頼をお願いいたします。(別途費用)
※測量会社・地盤調査の会社をご紹介することも可能です。

05 実施設計(1)

基本設計で決まった方針に基づき細部を検討し、詳細な図面を作成していきます。
必要に応じ、構造設計・設備設計も行います。(規模による)

06 確認申請手続き

行政機関または民間機関に、確認申請書・図面等を提出します。
弊社が建主様より委任されて行う業務となります。

平成19年6月20日より、建築基準法の改正が行われ、審査期間が最短35日〜最長70日となりました。さらに、確認申請を受理した後の設計変更(間取り変更・高さの変更等)は、確認申請を再度提出しなくてはならないため、余計な時間と費用が必要になります。
したがって、この時点での設計図が最終段階となるようお打ち合わせを進めていくことが理想となります。

※確認申請手数料は、別途となります。
 行政・民間機関でそれぞれ異なり、建物種別・規模によって定められています。

07 実施設計(2)

―見積図作成―

基本設計で決まった方針に基づき、仕上げから設備機器類・家具・金物(取手など)に至るまでのお打ち合わせを行います。
より具体的な要望を反映させた設計図書(建築概要書・特記仕様書・平面詳細図・矩計図・断面詳細図・展開図・天井伏図・建具表・部分詳細図・構造図・機械設備図・給排水設備図・電気設備図等)を作成していきます。

08 見積もり依頼

実施設計図を施工会社へ提出し、見積もりを依頼します。
施工会社の選定は、建主様のご希望のところでも、私どもの付き合いのある会社でも構いません。通常3〜4社程度に見積もりを依頼します。

09 見積もり査定・調査/施工会社の決定

施工会社から提出された見積もり書の内容が適正であるか検証し、予算に合わせた調整を行います。
見積もり金額だけでなく、技術・施工レベル・仕事に対する姿勢等を総合的に判断し、施工会社を決定します。

10 工事請負契約

「工事請負契約金額」を決定し、施工会社と建主様の間で工事請負契約を締結していただきます。弊社は、監理者として立ち会います。

11 工事監理

設計図書通りに工事が行われているか、監理・検査します。
施工品質・工程の進捗状況の確認を行い、欠陥の発生を未然に防ぎ、施工計画を検討・アドバイスします。建主様と、設計段階で決めた内容を再確認し、ご希望により変更・調整をします。

※必要なものはショールームに足を運び、実物を最終確認していただく場合もあります。

12 竣工・お引き渡し

工事完了後、建主様・設計者・施工会社で、最終検査を行い、お引き渡しとなります。
施工後は一年点検を行い、適正工事が行われていたかを再度チェックし、内容によっては無償で補修を行います。

ご相談からお引き渡しまで、規模・構造などにより異なりますが、住宅では約1年間のお付き合いとなります。

建物は、いろいろな方々のお力添えのもとに誕生します。
竣工は終わりではなく、スタートであるとハセガワアーキテクトは考えています。
私どもは、建主様と共に成長していく建物をいつまでも見守ってまいります。

設計・監理料の目安

設計・監理料の目安(1)

住宅の設計・監理料の目安(新築工事の場合)
工事費 / 円(税込)
報酬額の比率
工事費 / 円(税込)
報酬額の比率
〜2,000万
15.0%
〜6,000万
11.5%
〜3,000万
14.0%
〜7,000万
11.0%
〜4,000万
13.0%
〜8,000万
10.5%
〜5,000万
12.0%
〜9,000万
10.0%

リフォームの場合5%UP程度

※工事費が2,000万円未満の場合
工事費 / 円(税込)
報酬額 / 円(税込)
1,000万〜2,000万
200万〜300万

1,000万円以下の場合、時給算出を目安とします。
算出式:33,000円×日数×2.5
例:25,000円×10日×2.5=625,000円

設計・監理料の目安(2)

施工床面積
戸建・集合住宅(木造2階建)
施工床面積
集合住宅(S造・RC造)
100㎡以下
200万円
300㎡以下
600万円
100㎡以上
19,000円 / ㎡
300㎡以上
18,000円 / ㎡
  • 契約書の印紙代金
  • 確認申請、検査申請などにかかる証紙代金
  • 日影規制等、近隣対策が必要な場合の作業代金
  • 条例などによる特別な作業代金

上記の数字はあくまで目安です。
設計・施工内容により金額は異なりますので気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

pagetop